スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フリースタイルに挑戦

こんにちは^^

いよいよ年の瀬も押し迫ってきましたね。ようやく家の大掃除も終わり、一番の難題だった自室の大掃除も完了しましたよ。なんせ10畳ある部屋で広いのはいいのですが、広いぶん物が散らかり放題で・・・さらに物持ちがいいらしく数年前の雑誌やら使いもしないバッグやら不要なものだらけでして・・・今回思い切ってすべて整理することにしました。すっきり整理された部屋で気持ちよくブログを書いてますw

さて大航海のほうはジパングでの収奪にいったん区切りをつけて帰欧。久々に船大工に転職し今流行のFS造船(フリースタイル)造船に挑戦してみました。

と、その前に・・・アジアにきて収穫が微妙な頭装備品だけというのはあまりにもお粗末なので・・・

ピンクワストラアドミ地図

レアっぽいものをゲットしておきましたw



さてさて、噂のFS造船ですが・・・率直な感想は「いいかもw」です。

今までの造船は決められた材料をあてがい、完成した船はランクに応じて安定していたのですが、このFS造船に限ってはそういうわけではないようです。ではさっそくその概要を見ていきましょう。

・新しくなった特殊造船

船の生産はもちろん造船スキルが必要で、そのランクに応じて作れる船の種類も増減の幅も限られるのは変化ありません。しかし今回大きく変わったのは「特殊造船」の部分です。いわゆるJB(ジョイントビルド)造船からFS(フリースタイル)造船へと大きく仕様が変更になりました。

従来のJB造船の場合は材料として「船体」「帆」「マスト」「砲門」と最低4つのJBパーツが必要だったのですが、今回の新しい特殊造船は「船体」だけあれば船自体は作ることはできます。しかし今回の特殊造船はその「船体」以外に「主帆」「砲門」「兵装×2」を新造時にあてがうことで☆1からオプションスキルのついた船や帆性能、旋回、耐久といった船自体の性能を強化した造船が可能となっています。

※無知ゆえに誤ったことを書いてしまいました。旧JBでは造船にあたってすべての素材が制限されていましたが今回のFS造船では船の種類を決定するのはあくまで「船体」であって、その他の素材はあてがう必要はありますが自由に選択可能という点で大きくことなっているようです。謹んで訂正させていただきます。

新造

つまり従来のJB造船の流れだと、最初の段階でできあがる船の性能は決まっていて「強化」といえばオプションスキルを付与するという位置づけだったのが、FS造船では新造する際の素材の選択によって同じ船あっても性能や性格が異なる船が出来上がる・・・より自由に船のカスタマイズが可能となったのです。

・船の強化

さらにこの強化は新造時の強化を含めると5回まで実施可能となっています。特殊造船で新造した以外の通常の新造船(クリッパーなど)にも強化を施すことが可能です。しかしこの場合は新造時の強化ができませんので強化の回数は4回までとなっています。

また従来は新造時にしか変更のできなかった容量の増減も強化の都度変更することができ、その変更幅も+-5ランクまで可能となっています。ランク19の造船屋が最大増量すると+24%の商大クリッパーを作ることができるわけですね。ただし素のランクを超えた増減を施した場合は性能がダウンするペナルティが発生しますので、副官船長用の船なんかに向いてるかもしれません。

増減幅

ちなみにこの強化については造船スキルは艦隊で共有可能となっています。なので造船スキルがなくても艦隊に造船スキルを持つ人がいればそのランクに応じて強化することができます。最初は「なんで共有が必要なの?」と考えたりしましたけど、後述しますが性能UPはランダム要素があるので造船を商売にするときに自己責任で強化を行ってもらうようにするための配慮なのかな・・・と思ったりしてますが・・・

この強化を繰り返すことで帆性能に特化した船に仕上げるのも、旋回を高くしてグリグリ回れるガレアスにするのも自由自在です。気に食わなければ「初期化」してまた強化のやり直しも可能なので自分で納得できるまで何度でも挑戦することができます。

まさにフリースタイルw

強化




・オプションスキルについて

JB造船時代は設定されたJBパーツを使用してオプションスキルを付与していたわけですが、今回のそれも変更はありません。素材の組み合わせによっては新造時の☆1の状態でオプションスキルがついたりします。しかしFS造船では強化の概念が入っているため「強化しつつオプションスキルを付与」できない場合もあります。性能UPを目指すのかオプションスキルを選択するのか・・・強化の回数は決まっているのでここは悩みどころですよね。

オプション付与

さらに強化素材の中には特定の性能がマイナスされる(かもしれない)ものも含まれているため、どんな船に仕上げたいのかのイメージをしっかり持って準備したいところです。
まだすべてのオプションスキルの構成要素が判明したわけではありませんので、現状ではこれらは試行錯誤してゆくしかないようです。


とまあ、簡単に新しいFS造船についてまとめてみましたが・・・

さあ、これは大変ですよw

なんせ従来のJBで造船した船は一斉に「旧型」に落ちてしまったわけですからねー。今まで最強の性能を誇っていた装甲戦列艦も最速の地位を保っていた大型クリッパーもFS造船により強化された船にはとてもかないません。

それくらい革命的な仕様変更であったと思います。


しかしこのFS造船にも泣き所があります。

それは強化による性能UPは完全にランダムだということです。

たとえばこれ・・・

強化素材

+○○~+○○とかになってますよね・・・つまりこの幅でUPしますよということ・・・言い換えれば蓋を開けてみるまでどれだけ性能が上がったかはわからないわけです。
本当に自分の納得できる性能の船をゲットするには何度もトライ&エラーの繰り返しが必要になってきます。
FS造船で使用する素材は安くはないうえに造船時間もかかりますし強化の費用なんかも考えると・・・^^;
造船スキルの艦隊共有なんかはこのランダム要素によって結果にバラつきがでるため、造船請負の無用なトラブルを回避するためなのでしょう。

まあ、楽しみが増えたといえば増えたのですけど・・・造船ランクも16まで引き上げられてしまったし、これはもうどこまでマゾさに耐えていけるかの世界となってきましたねw

とりあえず試しに「商用クリッパー」「クリッパー」を強化してみました。

試しに強化

どちらも通常の新造船ですので既存の船の強化を施してみました。いずれも1回目の強化で「急加速」がつき帆性能も大きくアップしています。旋回を上げて加速をよくするか、耐波をアップさせて力強い船にするか、はたまたオプションスキルを付与するのか・・・じっくり考えてみたいと思います^^

テーマ : 大航海時代Online
ジャンル : オンラインゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

No title

東アジア微妙でしたね・・・

FS造船はマッタクわかりませんので、色々おしえてください~

リチレさん

先日はいろいろありがとうございましたー。試行錯誤したおかげでだいぶFS造船もわかってきましたね。
また船の強化とうありましたら申し付けてください。
東アジアにはまだまだ未知のビックリ収奪品がどこかに眠っていると信じていますよ・・・^^;

No title

チャ~オ~ヽ(=´▽`=)ノ
さっそくカスタマイズ記事さんきゅ~☆
私の船もカスタマイズよろすこ♪ま~船の耐久とかあがりすぎて
海戦のバランスが崩れ過ぎないといいけどね^^;
今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。
それでは良いお年を^^b
謹賀新年  リンダ☆

リンダ☆さん

今年もよろしくお願いします^^
海事で使う船もすべてゼロから作り直しになっちゃいそうですね。
また船大工になったら声かけてくださいね。
強化された船だと大砲もパワーアップしてもらわないとなかなか落とせなくなってしまいますね。それ以前に私は砲撃スキルカンストしていなんですがw
また模擬とかよろしくおねがいしますー^^

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

mog-san

Author:mog-san
国籍:イスパニア
職業:不詳
マイペースに大航海を楽しんでます♪

最新記事
カテゴリ
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新コメント
検索フォーム
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
画像使用について
『大航海時代 Online』に関わる著作権、その他一切の知的財産権は、株式会社コーエーに帰属します。このホームページに掲載している『大航海時代 Online』の画像は、『大航海時代 Online』公式サイトにおいて使用許諾が明示されているもの、もしくは『大航海時代 Online』の有効なアカウントをお持ちのユーザーのみに株式会社コーエーが使用許諾を行ったものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。